保谷でペットと共に暮らす!!保谷もペット可の賃貸とは?!

ペットと住める賃貸物件と言うのは、ペットの飼育が規約によって許可されている、或いは、契約で貸主との合意がとれている物件の事です。保谷でペット可物件を探している、ペット愛好家の方も沢山いらっしゃるのではないでしょうか。ここでは、保谷でのペット可物件について色々お伝えしたいと思います。

賃貸ニーズの差別化を図るペット可物件!

全国犬猫飼育実態調査では、「ペットを飼いたい」「ペット飼い続けたい」人の割合は、実際の飼育率より年々高くなっています。また、年代別に飼育意向を見てみると、20代の意向が他の年代よりも高くなっており、若者世代でペットの飼育意向が上昇しています。こうした「ペットを飼いたい!」と言うニーズの背景には、現代社会の特徴である少子高齢化、未婚層の増加など、時代やライフスタイルの変化が影響していると言えます。このように、現代ではペットの飼育需要が高まっている事に比例して、ペット可の賃貸物件も増えてきている事を伺う事ができます。

「ペット可賃貸」ってどんな物件?

ペットが飼える事を付加価値にした物件

ひとつは、もともとの賃貸物件をペット可に条件を緩和した物件です。築年が古い、駅から遠いなどの理由で、入居希望者を集めにくい為、ペットが飼える事を付加価値にしたものです。物件数はわりと多く賃料相場もそれほど高めではありません。中には、ペット可に変更するタイミングで、壁紙や床材をペット用にリフォームした物件もあるので確認しておきましょう。

ペットとの暮らしを前提に建てられたペット共生住宅

もうひとつは、建築段階からペットとの暮らしを前提に建てられたペット共生住宅と言われる物件です。賃料は通常のペット可と比較して割高になることが多く、物件数はまだまだ少ないです。ドッグランやトリミングルームなど、犬に特化した設備がある、室内の床や壁には傷や汚れに強い素材が使用されているなど、ペットと快適に暮らせる工夫が施されています。また、ペット専用出入口やペット同乗エレベーターを別に設け、ペットを飼育していない人との導線を分ける事で、ペットが苦手な方にも配慮されています。

猫しか飼えない猫専用の賃貸物件

さらに、猫しか飼えない猫専用の賃貸物件もあります。床や壁は爪とぎに強い素材を使用し、壁にはキャットステップ、天井にはキャットウォーク、室内ドアにはくぐり抜けドアなど、猫の習性に配慮した内装が随所に施されています。こうした猫専用賃貸物件は数が少なく、築年が経過しているにも関わらず、絶えず空き待ちの状態で猫飼育者には人気です。

ペット共生型の賃貸に備わっている設備例とは?

では、一体、ペット共生型の賃貸には、どのような設備があるのかご紹介します。多くのペット共存型賃貸にある設備が、足洗い場です。お散歩や外遊びから帰って来た際に、部屋に入る前に足の汚れを落とす為の設備で、足洗い場があれば部屋を汚さずに済みますよね。また、居住スペースにはペットが暮らしやすいよう、ペット対応の床材が敷かれているのもペット共存型の特徴です。
通常のフローリングは、ペットには滑りやすく、勢いよく転んでしまうと骨折や脱臼の恐れがあります。しかし、ペット対応の床材であれば、クッション性があって足への負担を防ぐ効果があります。さらに、室内ドアが閉まっていても、犬や猫が自由に部屋と部屋を移動できるよう、ドアの下部にペット用くぐり扉を備えた賃貸も多いのが特徴です。他にも、猫が上下運動できるような猫棚を壁に備えていたり、玄関や共用部分などにリードをかけておけるリードフックが取り付けられていたり、細かな工夫がされているのがペット共生型の特徴です。

ペット可物件を契約する際に注意する事とは?

飼育可能なペットの条件

ペット可物件であっても、飼育可能な種類、頭数、その他の規約など、前もって飼育できるペット条件は詳細に確認しておく事が大切です。一般的に、飼育できるペットの種類は、小型犬と猫のみ、飼育頭数は2頭までなど、このような条件が大半となっています。中には、小型犬は「可」でも、猫は「不可」など、細かな規定がある賃貸物件もあるので、注意が必要です。他にも、狂犬病、その他ワクチン接種、避妊去勢、飼育における基本的な注意事項など、ペットに関する色々な規約がある場合、しっかり全てを確認しておく事が大切です。

初期費用

ペットを飼育する場合には、通常の敷金とは別に1ヵ月分を多く預かって、退去時に返却しない事を契約条件にしている物件が多いです。ペット飼育の条件として預けた、プラス一ヶ月分の敷金と言うのは、原状回復費用の一部に充当されるのか、それとも、原状回復費用は別途通常の敷金から負担するのかなど、きちんと説明を受けて理解しておく必要があります。また、入居途中でペット飼育が終了した場合には、ペット飼育を新たに始めた場合の敷金の取扱いに関しても確認が必要です。

原状回復の費用負担

ペット飼育では、後々のトラブルに発展しないよう、退去時の原状回復費用負担に関しては、契約する際にしっかり確認しておきたいポイントです。通常、原状回復に関する事項には、経年劣化及び借主が通常使用する事で起きた損傷や消耗は、借主の原状回復義務の対象から除かれます。ペット可賃貸では、その他特約事項等の項目に、原状回復義務の範囲として、ペットによる傷、汚れ、臭いなど、修復費用を借主負担とされているケースがあります。通常使用による傷、汚れ、臭いと、ペットによる傷、汚れ、臭いの違いなど、不明点は尋ねて理解しておく事が大切です。
また、鍵の引き渡しを受け家具を搬入する前には、必ず、部屋の内装や設備のチェックをしましょう。特に、壁や床の傷や汚れ、建具やドアの傷や凹み、網戸の破れなど、十分にチェックし、損傷があれば写真を撮って日付記入した上で、管理会社へ連絡すると良いでしょう。
ペット可の賃貸契約では、通常の賃貸契約と異なる部分あるので、契約時にしっかり賃貸条件を確認し、不明点をクリアにして、安心してペットと楽しい暮らしを送れるように準備する事は大事な事です。

保谷でペット可物件を探す際のポイントとは?

許可されているペットの種類を確認

ペット可物件だからと言っても、決して自由に何でも好きなペットを飼える訳ではありません。「小型犬1匹」など、細かく規定がある場合が殆どです。なので、事前に「猫は2匹飼えますか?」「うさぎ1羽は飼えますか?」など、具体的にペットの飼育に関して確認しましょう。

動物病院が近くにあるか

ペットと暮らす上で必ず通うことになる動物病院やトリミングサロンが近くにあるかも大事です。近所に信頼できる獣医師さんが居れば、いつでも直ぐに相談できる環境が整っているので、何かあっても安心です。

契約条件が変わる場合がある

同じ物件でもペットを飼育するかどうかで、契約条件が変わる事があります。例えば、ペットを飼育する場合だけ、初めに預ける敷金が増えたり、毎月の家賃が高くなったりする事もあるので、契約前には確認しましょう。

まとめ

保谷には、ペット可の賃貸も色々あります。大切なペットと長く暮らす事を考えた際、ペット可の賃貸は、ペットも飼い主もストレスなく快適に暮らす事ができます。是非、信頼できる不動さん会社でペットと暮らす賃貸の相談をしてみて下さいね。